最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

「三島由紀夫」とはなにものだったのか(新潮文庫)

  • 45 読みたい
  • 4 現在読んでいるもの

発行元 大澤真幸 .

    Download 「三島由紀夫」とはなにものだったのか(新潮文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 「三島由紀夫」とはなにものだったのか(新潮文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 「三島由紀夫」とはなにものだったのか(新潮文庫) 無料で, 本の無料読書 「三島由紀夫」とはなにものだったのか(新潮文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 「三島由紀夫」とはなにものだったのか(新潮文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  橋本治
    • レーベル:  新潮文庫
    • 発売日:  2020年01月31日
    • 出版社:  新潮社
    • 商品番号:  4340008043721
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    “同性愛”を書いた作家ではなく、“同性愛”を書かなかった作家。恋ではなく、「恋の不可能」にしか欲望を機能させることが出来ない人ーー。諸作品の驚嘆すべき精緻な読み込みから浮かび上がる、天才作家への新しい視点。「私の中で、三島由紀夫はとうの昔に終わっている」と語って憚らない著者が、「それなのになぜ、私は三島が気になるのか?」と自問を重ね綴る。小林秀雄賞受賞作。

あなたも好きかもしれません

「三島由紀夫」とはなにものだったのか(新潮文庫) (新潮文庫) by 大澤真幸 ダウンロード PDF EPUB F2