最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

「年収6割でも週休4日」という生き方

  • 50 読みたい
  • 1 現在読んでいるもの

発行元 森本紀行 .

    Download 「年収6割でも週休4日」という生き方 本 Epub や Pdf 無料, 「年収6割でも週休4日」という生き方, オンラインで書籍をダウンロードする 「年収6割でも週休4日」という生き方 無料で, 本の無料読書 「年収6割でも週休4日」という生き方オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 「年収6割でも週休4日」という生き方 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  ビル・トッテン
    • シリーズ名:  「年収6割でも週休4日」という生き方
    • 発売日:  2014年01月10日
    • 出版社:  小学館
    • 商品番号:  4322401210001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    経営者の最大の責務は、社員の生活を守ることです。


    石油に依存したグローバル経済はいずれ破綻し、日本経済も大幅に縮小する時代がやって来ます。そのときわれわれはどう生きるべきでしょうか。

    IT企業の経営者でもある著者は、古き良き日本の経営哲学を学びました。「経営者の最大の責務は、社員とその家族の生活を守ること」という信念のもと、たとえ業績が悪化しても、ひとりもリストラしないと全社員に約束しました。

     最悪の場合は、社員と経営者の年収を6割まで減らすことも同時に言明しています。

     しかし給料とは労働の対価です。一方的に減らすのは公正ではありません。そこで週休四日まで勤務時間を減らすことを提案しています。

     こうして生まれた時間を使って、社員が自給自足的生活に移ることを著者は奨励し、その準備を支援しています。自らも石油に頼らずに自立する生活を始めています。

     これは一企業のあり方にとどまりません。日本人が、これからの生き方を考えるときに、ひとつのモデルとなる考え方です。

    最後に日本が米国のカジノ経済から脱却しない限り、壊滅的な損害を受けることを指摘し、すぐにでもできる4つの経済政策を緊急提言しています。

あなたも好きかもしれません

「年収6割でも週休4日」という生き方 by 森本紀行 ダウンロード PDF EPUB F2