最後に編集されたのは 管理者
21.11.2020 | 歴史

センスメイキング――本当に重要なものを見極める力

  • 22 読みたい
  • 90 現在読んでいるもの

発行元 秋元雄史 .

    Download センスメイキング――本当に重要なものを見極める力 本 Epub や Pdf 無料, センスメイキング――本当に重要なものを見極める力, オンラインで書籍をダウンロードする センスメイキング――本当に重要なものを見極める力 無料で, 本の無料読書 センスメイキング――本当に重要なものを見極める力オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 センスメイキング――本当に重要なものを見極める力 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  クリスチャン・マスビアウ
    • 訳者:  斎藤栄一郎
    • 発売日:  2018年11月15日
    • 出版社:  プレジデント社
    • 商品番号:  4770023060000
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    【内容紹介】

    本書のテーマは「人」である。もっと具体的に言えば、文化に光を当てたものであり、我々の時代の揺り戻しを描いた書籍である。今や人々は、STEM(科学・技術・工学・数学)や「ビッグデータ」からの抽象化など理系の知識一辺倒になっているため、現実を説明するほかの枠組みが絶滅寸前といってもおかしくない状況にある。世の中を数字やモデルだけで捉えるのをやめて、真実の姿として捉えるべきだ。いや、そもそも真実は1つしかないのだ。偽物の抽象化の世界を追いかけていると、人間の世界を感じ取る力を完全に失う重大な危険をはらんでいる。アルゴリズム全盛の今、我々の感性は麻痺しがちだ。

    だが、目の前の課題を本気で読み解きたいのであれば、 こんな時代だからこそ、昔からある時代遅れと思えるようなやり方に回帰すべきなのである。それは、あらゆる組織で、あらゆる日々のやり取りの中で甚だしく失われてしまったもの、つまりクリティカル・シンキング(批判的思考)である。だが、そのやり方自体は、決して革命的でも最先端でもないのだ。


    【目次抜粋】

    はしがき 思考の終焉

    序 ヒューマン・ファクター

    第一章 世界を理解する

    第二章 シリコンバレーという心理状態

    第三章 「個人」ではなく「文化」を

    第四章 単なる「薄いデータ」ではなく「厚いデータ」を

    第五章 「動物園」ではなく「サバンナ」を

    第六章 「生産」ではなく「創造性」を

    第七章 「GPS」ではなく「北極星」を

    第八章 人は何のために存在するのか

    出典

あなたも好きかもしれません

センスメイキング 本当に重要なものを見極める力 by 秋元雄史 ダウンロード PDF EPUB F2

ワイクという人の『センスメイキング イン オーガニゼーション』というのを、忠臣蔵理解で使ったことがある。これも、現実感覚でものごとを理解しないと、何事もうまくいかないという話かと思う。