最後に編集されたのは 管理者
17.11.2020 | 歴史

賃上げ立国論 (日本経済新聞出版)

  • 25 読みたい
  • 78 現在読んでいるもの

発行元 宮川努 .

    Download 賃上げ立国論 (日本経済新聞出版) 本 Epub や Pdf 無料, 賃上げ立国論 (日本経済新聞出版), オンラインで書籍をダウンロードする 賃上げ立国論 (日本経済新聞出版) 無料で, 本の無料読書 賃上げ立国論 (日本経済新聞出版)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 賃上げ立国論 (日本経済新聞出版) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  山田久
    • レーベル:  日本経済新聞出版
    • シリーズ名:  賃上げ立国論
    • 発売日:  2020年02月20日
    • 出版社:  日経BP
    • 商品番号:  4910000007338
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    生涯賃金3割増へ!


    企業の成長、産業高度化のためにこそ、賃上げは必要。


    日本が目指すべき「ハイブリッド・システム」を提示する。


    ◆ 日本の賃金は国際的にみても低すぎる!

    ◆ 低賃金による低価格戦略はもはや限界を迎えており、付加価値創造経営への転換が求められている。

    ◆ 個人は、より高い賃金を求めて転職が増加。安全網に支えられ、自律的キャリアの形成へ意識改革が進む。

    ◆ 企業は、不採算事業を大胆に圧縮し、事業構造の転換を促す雇用賃金システムの導入が不可避。

    ◆ 政府は、社会保障制度と年金給付水準の維持、財政危機の回避へ、賃上げを促す第三者機関の設置を。

    ◆ 日本が豊かな社会を維持するために、「生涯賃金3割増」を実現する国家戦略を提示する。


    未曾有の人手不足にもかかわらず、日本では賃金が伸び悩んでいる。

    いまや欧米ばかりでなく、専門職ではアジア各国より低い実態が明らかに。

    労働分配率は低落し、消費の伸び悩みが日本経済を下押ししている。

    では、どうすれば賃上げは可能なのか。それとも所詮、賃上げは絵空事なのか。

    本書は、福祉国家のイメージとは異なるドライな一面を持つスウェーデンの仕組みなどを参考に、

    政労使による賃上げの枠組みを提示。

    生涯賃金を3割上昇させることができるミクロとマクロの戦略を描く。

    幅広い層に向け、賃上げの議論を喚起する新しい日本経済論。

あなたも好きかもしれません

賃上げ立国論 (日本経済新聞出版) by 宮川努 ダウンロード PDF EPUB F2