最後に編集されたのは 管理者
21.11.2020 | 歴史

おじさんと河原猫

  • 66 読みたい
  • 76 現在読んでいるもの

発行元 太田 康介 .

    Download おじさんと河原猫 本 Epub や Pdf 無料, おじさんと河原猫, オンラインで書籍をダウンロードする おじさんと河原猫 無料で, 本の無料読書 おじさんと河原猫オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 おじさんと河原猫 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  太田康介
    • シリーズ名:  おじさんと河原猫
    • 発売日:  2020年09月18日
    • 出版社:  扶桑社
    • 商品番号:  4910000112692
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。


    多摩川の河川敷には、今も多くの捨て猫と、そこで繁殖した“河原猫”たちが暮らしています。河川敷というのは、街の中に捨てるよりも罪悪感が薄くなる、猫を“捨てやすい”場所のようです。

    そんな猫たちの世話をしている、近所のおじさんとホームレスのおじさんがいました。太田さんはそのおじさんたちと知り合い、猫との関係を撮り始めます。

    近所のおじさんは「加藤さん」といい、糖尿病を患い独り暮らしで、自分のことは多くを語ろうとしません(現在、病気で入院中)。ホームレスのおじさん「高野さん」は、河川敷の小屋に猫を引き取って暮らしていました(2019年10月の多摩川氾濫で犬猫を保護していた小屋を離れられず、濁流に流されて行方不明に)。

    太田さんは河原猫たちの里親探しに協力するうちに、1匹の小さくて愛らしい猫「シロ」を引き取ることに。すると、シロが猫エイズにかかっていることが判明。治療を受けながら太田家の一員としての生活を始めます。

    この河原猫「シロ」と、河原猫を見守ってきた3人のおじさん(加藤さん・高野さん・太田さん)たちの物語を描いた写真エッセイ。特別寄稿として『夜廻り猫』(講談社)の作者・深谷かほるさんによる漫画「おじさんと河原猫」2本も収載。

あなたも好きかもしれません

おじさんと河原猫 by 太田 康介 ダウンロード PDF EPUB F2