最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか (講談社現代新書)

  • 95 読みたい
  • 37 現在読んでいるもの

発行元 保阪正康 .

    Download 不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか (講談社現代新書) 本 Epub や Pdf 無料, 不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか (講談社現代新書), オンラインで書籍をダウンロードする 不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか (講談社現代新書) 無料で, 本の無料読書 不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか (講談社現代新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか (講談社現代新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  鴻上尚史
    • レーベル:  講談社現代新書
    • シリーズ名:  不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか
    • 発売日:  2017年11月24日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000041536
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    太平洋戦争末期に実施された“特別攻撃隊”により、多くの若者が亡くなっていった。だが、「必ず死んでこい」という上官の命令に背き、9回の出撃から生還した特攻兵がいた。その特攻兵、佐々木友次氏に鴻上尚史氏がインタビュー。飛行機がただ好きだった男が、なぜ、絶対命令から免れ、命の尊厳を守りぬけたのか。命を消費する日本型組織から抜け出すには。

あなたも好きかもしれません

不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか (講談社現代新書) by 保阪正康 ダウンロード PDF EPUB F2

戦争物の本は何冊も読んできたが、旧日本軍に関わる本は殆ど読んだことが無かった。どこか忌避感もあったし、日本人の悪い所を直視しなければ真実を解釈する事が難しいからだ。本書は前半に特攻兵として生還した佐々木氏(故)の物語、後半にインタビュー、終盤に著者の見解という編成になっている。
終盤には日本人の抱える社会性に焦点が当てられ、特攻という、思考停止とも言える無謀な作戦が産まれた土壌を冷静に分析している。
本書はただ、あの悲劇を美化してはならないという思い、そして我々がどこか特攻隊に抱いている先入観さえも、戦後、命じた側によって作られたものだということが全編を通じて訴えている。
多くの古今東西の戦争物を読んできた私には、読む前から特攻隊の複雑な心境は推測できていたが、その推測を裏付ける事が出来たのは収穫だったといえる。
本書は戦争を全く知らない若い人にも読んでもらいたいし、日本経済を支える多くの管理職にも「命じる側」の保つべき姿勢を学ぶ書として、是非、手にとって頂きたい。
特攻隊の意味を知っていたが、一面しか知らなかったことを認識しました。戦略的には「失敗の本質」、戦術的にはこの本みたいな感じで読みました。現場を知らないアホな上層部、苦しむ現場。そしてこの国が存在する限り、100年経とうが、この手の話は決して教科書や道徳の本には載らないでしょうね。寂しいことですけど
旧日本軍のお粗末の作戦により大勢の若者が、覚悟を決めて飛び立った。決して軍や上官の為ではなく、妻、恋人、家族を守るためと自分に言い聞かせ覚悟したと戦ったことが良く分かりました。ただ主人公の特効隊員は9回も出撃し上官の意味のない命令や無駄な特攻を避けるなどして生還したのですが、もう少し撃破や撃沈など活躍するのかなと期待して読み進んでいました。実話を基にしたものなので仕方ないかな。