最後に編集されたのは 管理者
08.12.2020 | 歴史

賞味期限のウソ 食品ロスはなぜ生まれるのか (幻冬舎新書)

  • 24 読みたい
  • 54 現在読んでいるもの

発行元 東元俊哉 .

    Download 賞味期限のウソ 食品ロスはなぜ生まれるのか (幻冬舎新書) 本 Epub や Pdf 無料, 賞味期限のウソ 食品ロスはなぜ生まれるのか (幻冬舎新書), オンラインで書籍をダウンロードする 賞味期限のウソ 食品ロスはなぜ生まれるのか (幻冬舎新書) 無料で, 本の無料読書 賞味期限のウソ 食品ロスはなぜ生まれるのか (幻冬舎新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 賞味期限のウソ 食品ロスはなぜ生まれるのか (幻冬舎新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  井出留美
    • レーベル:  幻冬舎新書
    • 発売日:  2016年10月27日
    • 出版社:  幻冬舎
    • 商品番号:  4380000403457
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    卵の賞味期限は通常、産卵日から3週間だが、実は冬場なら57日間は生食可。

    卵に限らず、ほとんどの食品の賞味期限は実際より2割以上短く設定されている。だが消費者の多くは期限を1日でも過ぎた食品は捨て、店では棚の奥の日付が先の商品を選ぶ。小売店も期限よりかなり前に商品を撤去。

    その結果、日本は、まだ食べられる食品を大量に廃棄する「食品ロス」大国となっている。しかも消費者は知らずに廃棄のコストを負担させられている。食品をめぐる、この「もったいない」構造に初めてメスを入れた衝撃の書!

あなたも好きかもしれません

賞味期限のウソ 食品ロスはなぜ生まれるのか (幻冬舎新書) by 東元俊哉 ダウンロード PDF EPUB F2