最後に編集されたのは 管理者
21.11.2020 | 歴史

藤沢周平 遺された手帳 (文春文庫)

  • 78 読みたい
  • 43 現在読んでいるもの

発行元 遠藤展子 .

    Download 藤沢周平 遺された手帳 (文春文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 藤沢周平 遺された手帳 (文春文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 藤沢周平 遺された手帳 (文春文庫) 無料で, 本の無料読書 藤沢周平 遺された手帳 (文春文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 藤沢周平 遺された手帳 (文春文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  遠藤展子
    • レーベル:  文春文庫
    • 発売日:  2020年09月02日
    • 出版社:  文藝春秋
    • 商品番号:  4390000005925
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    遺された手帳には、私の知らなかった父がいたーー。娘が綴る、父が「藤沢周平」になるまでの軌跡


    藤沢周平・没後20年の年(2017年)に、遺された手帳・大学ノートを愛娘が読み解き、知られざる父の姿を綴った本書は、単行本刊行時、大きな話題となった。


    展子誕生後まもなく、妻・悦子が病死。新たな人生を歩もうとした矢先の、藤沢の悲痛な感懐が胸をうつ。その当時から小説の情熱やみがたく、執筆、投稿生活を送っていたのだが、「作家・藤沢周平」は夫婦の夢でもあったのだ。


    妻を亡くした絶望のなかから、藤沢周平はいかに創作へ向かおうとしたのか。幼い娘を育てながら会社員生活を送り、再婚、オール讀物新人賞受賞、いよいよ小説家への一筋の光が見えてくる。直木賞受賞までの煩悶、自身の作品・生活に対する厳しい自己批評……。


    娘だけでなく、これまで誰も知らなかった「作家・藤沢周平」の姿がある。文庫化にあたり、貴重な写真を数点追加。


    解説・後藤正治「藤沢周平の源流」


    ※この電子書籍は2017年11月に文藝春秋より刊行された単行本の文庫版を底本としています。

あなたも好きかもしれません

藤沢周平 遺された手帳 (文春文庫) by 遠藤展子 ダウンロード PDF EPUB F2