最後に編集されたのは 管理者
19.11.2020 | 歴史

秘密結社Ladybirdと僕の6日間

  • 63 読みたい
  • 75 現在読んでいるもの

発行元 喜多川 泰 .

    Download 秘密結社Ladybirdと僕の6日間 本 Epub や Pdf 無料, 秘密結社Ladybirdと僕の6日間, オンラインで書籍をダウンロードする 秘密結社Ladybirdと僕の6日間 無料で, 本の無料読書 秘密結社Ladybirdと僕の6日間オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 秘密結社Ladybirdと僕の6日間 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  喜多川泰
    • 発売日:  2017年01月18日
    • 出版社:  サンマーク出版
    • 商品番号:  4704763136046
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    勉強も部活も恋も、何もかも中途半端な18歳の少年が出会ったのは、

    鳥肌が立つくらい、本気になって“今”を生きている大人たちだった……。

    小説の累計部数が70万部を突破した喜多川泰、待望の長編小説!


    主人公の颯汰(そうた)は誰もが羨む水泳のセンスを持つ高校3年生。

    しかしライバルに本気で挑んで負けるのが怖く、早々に水泳を辞めて「書道部」に所属しながらダラダラした受験生活を送っている。

    そんなある日、颯汰は熱中症になって道端で倒れてしまう。

    次に彼が目を覚ますと、そこは父親がお気に入りで何十回と観ている映画『Ladybird』に出てくるバーだった。

    しかも目に映った人物は映画の中でいつも観ているその人たち本人……。キラキラと輝くように生きている大人たちとの出会いが、颯汰を変えていった。


    「生きることがつまらなかった。だけど僕は、あの日、あの人たちに出会って、自分との約束を守る大人になると決めたんだ」


    10代のストレートな心模様を描く青春小説の名手が挑んだ、まったく新しい登場人物たちの設定とストーリー展開。

    読み終わったとき、誰もがきっと自分の人生を静かに見つめ直すことでしょう。

あなたも好きかもしれません

秘密結社Ladybirdと僕の6日間 by 喜多川 泰 ダウンロード PDF EPUB F2

喜多川作品は全部持っています。初めて読んだのは2006年の『君と会えたから』でそれから何冊読んできたかわかりませんが、共通するのは必ず自身に重ね合わせることができる主人公の思いや心に巡り合えること。共感できることがあるところ。今回もタイトルだけではどんなストーリーなのかも想像がつきませんでしたが、途中からぐいぐいと内容にひきつけられ、最後はやる気満々にさせてくれました。喜多川作品の特徴は、読んだ人の涙を誘うなかで、悲し涙よりも悔し涙が多いこと。今回はまさにLadybirdの秘密を知って、30代の頃の熱い気持ちを思いだし、そして今の自分に対して悔し涙です。