最後に編集されたのは 管理者
18.11.2020 | 歴史

シリーズ<本と日本史>(4) 宣教師と『太平記』 (集英社新書)

  • 73 読みたい
  • 35 現在読んでいるもの

発行元 吉田一彦 .

    Download シリーズ<本と日本史>(4) 宣教師と『太平記』 (集英社新書) 本 Epub や Pdf 無料, シリーズ<本と日本史>(4) 宣教師と『太平記』 (集英社新書), オンラインで書籍をダウンロードする シリーズ<本と日本史>(4) 宣教師と『太平記』 (集英社新書) 無料で, 本の無料読書 シリーズ<本と日本史>(4) 宣教師と『太平記』 (集英社新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 シリーズ<本と日本史>(4) 宣教師と『太平記』 (集英社新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  神田千里
    • レーベル:  集英社新書
    • シリーズ名:  シリーズ<本と日本史>
    • 発売日:  2017年05月19日
    • 出版社:  集英社
    • 商品番号:  4824405190001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    <本と日本史>は各時代を代表する「本」のあり方から当時の文化や社会の姿を考え、その時代における世界観・価値観の成立を考察する歴史シリーズである。本書が扱うのは、宣教師と『太平記』の意外な関係だ。南北朝~室町期の武士の生きざまを描いた『太平記』は、戦国時代最大のベストセラーであり、数々の武将たちに愛好されていた。だからこそ、宣教師もこの作品を「日本を知るための最高の教科書」とみなして、必死に読み解こうとしたのであった。『太平記』と宣教師との接点に注目することで戦国時代に生きた人々の心性に迫ろうとする画期的論考。【目次】まえがきーー宣教師の注目した『太平記』/第一章 中世びとの『太平記』/第二章 『太平記』と日本人の心性/第三章 『太平記』と歴史/第四章 記憶の場「日本」/終章 国家と未来/あとがき/参考文献

あなたも好きかもしれません

シリーズ<本と日本史>(4) 宣教師と『太平記』 (集英社新書) by 吉田一彦 ダウンロード PDF EPUB F2