最後に編集されたのは 管理者
17.11.2020 | 歴史

言語の七番目の機能 (海外文学セレクション)

  • 87 読みたい
  • 11 現在読んでいるもの

発行元 劉 慈欣 .

    Download 言語の七番目の機能 (海外文学セレクション) 本 Epub や Pdf 無料, 言語の七番目の機能 (海外文学セレクション), オンラインで書籍をダウンロードする 言語の七番目の機能 (海外文学セレクション) 無料で, 本の無料読書 言語の七番目の機能 (海外文学セレクション)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 言語の七番目の機能 (海外文学セレクション) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  ローラン・ビネ
    • 訳者:  高橋啓
    • レーベル:  海外文学セレクション
    • 発売日:  2020年09月23日
    • 出版社:  東京創元社
    • 商品番号:  4740167600000
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    ロラン・バルトを殺したのは誰か?

    本屋大賞翻訳部門第1位『HHhH』の著者による驚愕の記号学的ミステリ。

    登場人物は、フーコー、エーコ、デリダ、アルチュセール、クリステヴァ等々、綺羅星のごとき実在の人物たちばかり。

    アンテラリエ賞・Fnac小説大賞受賞


    1980年、記号学者・哲学者のロラン・バルトが交通事故で死亡。事故は当時の大統領候補ミッテランとの会食の直後だった。そして彼の手許からは持っていたはずの文書が消えていた。これは事故ではない! 誰がバルトを殺したのか? 捜査にあたるのは、ジャック・バイヤール警視と若き記号学者シモン・エルゾグ。この二人以外の主要登場人物は、ほぼすべてが実在の人物。フーコー、デリダ、エーコ、クリステヴァ、ソレルス、アルチュセール、サール、ドゥルーズ、ガタリ、ギベール、ミッテラン、ジスカール・デスタン、ラング……綺羅星のごとき人々。そして舞台はパリから、ボローニャ、イサカ、ヴェネツィア、ナポリへと……。「言語の七番目の機能」とはいったい何か? そして秘密組織〈ロゴス・クラブ〉とは? 『HHhHーープラハ、1942年』の著者による、驚愕の記号学的ミステリ。アンテラリエ賞・Fnac小説大賞受賞作。

あなたも好きかもしれません

言語の七番目の機能 (海外文学セレクション) by 劉 慈欣 ダウンロード PDF EPUB F2