最後に編集されたのは 管理者
13.11.2020 | 歴史

悪足掻きの跡始末 厄介弥三郎 (講談社文庫)

  • 71 読みたい
  • 64 現在読んでいるもの

発行元 野口卓 .

    Download 悪足掻きの跡始末 厄介弥三郎 (講談社文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 悪足掻きの跡始末 厄介弥三郎 (講談社文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 悪足掻きの跡始末 厄介弥三郎 (講談社文庫) 無料で, 本の無料読書 悪足掻きの跡始末 厄介弥三郎 (講談社文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 悪足掻きの跡始末 厄介弥三郎 (講談社文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  佐藤雅美
    • レーベル:  講談社文庫
    • シリーズ名:  悪足掻きの跡始末 厄介弥三郎
    • 発売日:  2018年01月16日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000042518
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    「厄介」と煙たがらないでくれ。好きでやってるわけじゃない。江戸時代、兄もしくは甥の世話になっている者を「厄介」と呼び、幕府の役人は無神経にもそのまま公用語とした。兄の都築孝蔵は六百五十石取りの旗本だが、親重代の借金があったため、弟の弥三郎を他家の養子にできる大金をつくる器量はない。厄介という身分に辟易し、家を出た弥三郎が拓く波瀾万丈の凄絶な人生をえがく。

あなたも好きかもしれません

悪足掻きの跡始末 厄介弥三郎 (講談社文庫) by 野口卓 ダウンロード PDF EPUB F2